ノルウェー国立美術館 (The national museum, Norway) オスロ

f:id:ponponfront:20230123030552j:image

2022年に新しくオープンしたノルウェーの国立美術館です。世界の美術品のほか、ノルウェー人画家の絵などの作品が多く展示されています。

f:id:ponponfront:20230123030630j:image

ノルウェーといえばムンクでしょう。モンクの作品が一堂に介した部屋は圧巻です。「叫び」、「橋の上の少女たち」、「マドンナ」などが一つの部屋にまとまって展示されています。さすが国立美術館!です。

f:id:ponponfront:20230123030900j:image

19世紀のノルウェー人画家の絵も多く展示されており、とても精密で、鮮やかな光の印象を受ける絵に心が惹かれました。海に反射する、そして雲から透けて映る太陽の光は写真よりもリアルです。

f:id:ponponfront:20230126053830j:image

そして、ノルウェーの絵画の特徴として印象的だったのは、タペストリーという織物で描かれた作品でした。タペストリーは敷物に使う技法かと思っていましたが、そうではなくきちんとした絵画の技法です。タペストリーで描かれた作品がいくつも展示されており、昔のノルウェーの様子がわかります。

f:id:ponponfront:20230126053750j:image

昔の貴族の生活の様子を伝える展示では、実際のテーブルや椅子が置かれ、絵画もそのように飾ってあっただろうと思われるように置かれてあり、当時にタイムスリップしたような感覚になりました。鑑賞していて飽きることがありませんでした。

もっとノルウェーの歴史を知りたくなる、また訪れてみたくなる美術館です。

入場料は掲載時点で、大人200NOKです。

www.nasjonalmuseet.no

2023年1月25日 掲載

 

©2020 ponponfront