オスロ市庁舎 (Oslo city hall) ノルウェー・オスロ

f:id:ponponfront:20240103181043j:image

ノルウェーのオスロにあるオスロ市庁舎の紹介です。ノーベル賞の授賞式は主にスウェーデンで行われますが、ノーベル平和賞だけはノルウェーで行われています。その授賞式会場がこのオスロ市庁舎です。f:id:ponponfront:20240103181130j:image

入り口ではセキュリティチェックを受けます。入り口を入ると目の前には、ノーベル平和賞授賞式の会場となる広間が広がります。2023年12月にも授賞式が行われましたがこの時は受賞者のイラン女性の人権活動家ナルゲス・モハンマディ氏は獄中におり来場できず、代わりに双子の17歳の子供たちが授賞式に出席していました。私はその授賞式の1週間後にこの場所をおとづれましたが、この時はクリスマスツリーが中央にどっしりとおいてありました。周囲には壁画があり、これを眺めるだけでも価値がありそうな空間です。
f:id:ponponfront:20240103181126j:image

広間の横にも部屋があり、そこにはムンクの壁画があります。この絵と同じテーマを感じさせる絵がムンク美術館にもあります。ムンクといえば「叫び」が代表作ですが、私は「太陽」(ムンク美術館)という絵が大好きで、オスロ市庁舎に描かれたこの絵はその「太陽」に通じる印象を持ち、明るく命の活力を感じます。また、通常は絵画は美術館で見ることが多いですが、このように実際に設置されている場所で見ることはあまりないので、とても印象的で迫力を感じました。
f:id:ponponfront:20240103181139j:image

裏手には、議会場があり公開されています。実際に使われているのかはわかりませんが、議場があるのはさすが市庁舎です。
f:id:ponponfront:20240103181143j:image

脇の通路には贈答品が陳列されていました。その中に日本人形が展示されているのを見つけました。ノルウェーと日本はさまざまな形で関係の深い国と思いますが、このような場所で見つけると嬉しいものです。

世界の平和を願いつつ、この市庁舎を後にしました。市庁舎の入場は無料です。なお、この近くにはノーベル平和センターもありますので、合わせて訪問するのもありだと思います。

 

ponponfront.net

 

maps.app.goo.gl

 

©2020 ponponfront