時間節約のためのPon Pon's ブログ

人生100年時代における、時間とお金の節約術、必要なスキルについて考えます。

エティモティックリサーチ社のおすすめイヤホンER4XR

エティモティックリサーチ ER4XR

 

 

はじめに

仕事や作業に集中したい時、音楽を聴いたりしませんか。周囲の音を遮断して、自分だけの世界に没頭すると仕事もはかどるのではないかと思います。
ここでは、遮音性能に優れ、さらに音質も抜群なイヤホンであるエティモティックリサーチ社のER4XRを紹介したいと思います。

ER4XRにいたるまで

エティモティックリサーチ社(Etymotic research)はアメリカの音響関連メーカで、ER4シリーズは同社の中でもバランスドアマチュア式の最高峰クラスのイヤホンです。30 dB以上の遮音性能と優れた周波数特性を有するのが特徴です。
私は音質にこだわるタイプではありませんでしたので、最初は同社のmk5といリーズナブルなイヤホンを買って、その遮音性能に満足していました。しかし、使っているうちにその音に惚れてしまい、より上位のHF3へ買い替えたのですが、いろいろな情報を見ているうちにさらに上位機種であるER4Sを買い、音楽を聴くことを楽しむようになってしまいました。そして、その後継機であるER4SRが出るとそちらへ移ってしまい、それでもER4XRがどうしても気になって購入し、最終的にはER4XRに落ち着くことになりました。ここに到達するまで、かれこれ10年くらいかかっているのではないでしょうか。
そして、昨年Appleのノイズキャンセル性能で定評のあるイヤホンAirpods Proを購入し、今ではER4XRとを使い分けています。

ER4シリーズの特徴

さて、ER4SRとER4XRは、どちらがいいか悩むところではありますが、どちらがいいかはイヤホンに求めるものによって分かれます。
どちらも素晴らしいのは全体にわたる音域のバランスと、特に高音の聴こえ、そしてなんといっても音の分解能です。楽器の音の震えとか、普通のイヤホンであれば、隠れていまいそうな音の粒など、他のイヤホンでは聴こえない音が聴こえてくると思います。
まず、ER4SRは、ER4Sの正統な後継機であり、低音域を伸ばし、インピーダンスを下げることでポータブル機器でも使いやすく改善した、音の再現性に優れたモニタ用イヤホンです。
一方で、ER4XRは、ER4SRとはリリースされたコンセプトが違うと感じています。というのもER4XRは、ER4SRと高音域の特性は同じですが、低音域を5 dBほど持ち上げたイヤホンであり、他の一般的なイヤホンと同様に低音域に迫力を加えることで、音に少し味付けをすることで音楽をより聴きやすくしています。
つまり、業界の人やマニアの方など音源に忠実な音楽を聴きたければ、ER4SRがふさわしいと思いますし、今まで他のイヤホンを使っている方が、より良質な音を求めて音楽を聴きたければ、ER4XRがふさわしいのだと思います。私は、音楽家ではありませんし、音源に忠実なを聴きたいと言うよりは、仕事に没頭したい、たまに気分転換で良質な音楽を聴きたいので、他のイヤホン同様により聴きやすい音質に仕上げられているER4XRを気に入っています。

若い人にもおすすめのER4シリーズ

また、ER4シリーズのイヤホンは音楽を細部に渡って聴きたいすべての人におすすめですが、高周波音域がきちんと伸びていますので、若い人にも特におすすめします。
人の耳は、年齢と共に高周波数域が聞こえなくなってきます。そのため、どんなに高周波音域へ伸びたイヤホンやヘッドホン、スピーカを使っても高齢になる程、高音域は残念ながら聴こえなくなってきます。しかし、一般的には20代以下で、通常の聴力を持つ人であれば、このイヤホンが持つ高周波数域まで音を聴くことができます。そのため、より音の粒度を感じることができ、音楽の感動を味わうことができると思います。私も今思えば、むかし音楽に感動することが多かったですが、それは高い周波数もきちんと聴くことができていたからだったかもしれません。

優れた遮音性能

なお、ER4SR/ER4XR共に遮音性能に差はありません。どちらも音楽を流すと、人の声も含めて外部音は聞こえなくなります。遮音性能が高すぎますので、歩きながらとか、自転車に乗りながらとかの使用は厳禁です。また、家やカフェで使うと周りの音は一切聞こえなくなりますので、誰かに声をかけられても、火事が起きても、泥棒が入ってもわからなくなります。その点は十分に注意された方がいいと思います。
ちなみに、私はAirPods Proも持っています。ノイズキャンセル機能に惹かれて購入しましたが、外部音を遮断したいときはER4XRを使っています。ER4シリーズの方が、AirPods Proより外部音を低減する遮音性能に関しては優れていると思います。

AirPods Proとの違い

AirPods Proの名誉のために補足しますが、AirPods Proのノイズキャンセル機能が劣っているわけではありません。実用レベルでは十分な外部音低減性能を有しています。ただ、製品の安全ポリシー上、遮音性能を調整しているのだと思います。例えば、人の声あたりの周波数帯域はあえて減衰量を抑えているのだと思います。また、AirPods Proは何よりワイヤレスであり、iPhoneとの接続性に優れていますので、普段使いのイヤホンとしては使い勝手の良い文句のないイヤホンです。私も実際の使用頻度はAirPods ProとER4XRとは同じくらいかもしれません。

まとめ

エティモティックリサーチ社のER4XRをER4SRとの違いを含めて紹介いたしました。実際のところ、どちらも甲乙付け難いイヤホンで、遮音性能、音質ともに素晴らしいイヤホンのシリーズです。ただ、ER4XRの方が、他メーカのイヤホンのように低域の特性を持ち上げていますので、仕事から音楽鑑賞まで幅広い用途に違和感なく使うことができ、迫力を得られると思います。そのため、他のイヤホンからの乗り換えでER4シリーズの購入を検討するのであれば、ER4XRの方をおすすします。このイヤホンを使って仕事を集中して高い質に仕上げ、そして時間を節約し、さらに息抜きに音楽を聴いてリラックスすることで、より充実した人生のお役に立てるものだと思います。

 

ER4XRはこちら(Amazon)

【国内正規品/メーカー保証2年】Etymotic Research カナル型イヤホン BA型 ER4XR

 

ER4SRはこちら(Amazon)

【国内正規品/メーカー保証2年】Etymotic Research スタジオリファレンスイヤホン BA型 ER4SR

 

2020-06-30

©2020-2020 ponponfront